ギルティ 女性マンガ

『ギルティ』8話のネタバレ感想。両目を開けて見た現実は…

ギルティの第8話を無料で試し読み!

『ギルティ~泣かぬ蛍が身を焦がす~』第8話
※第8話は単行本の第2巻に収録されています。

 

前回、思いがけないことから瑠衣の後ろに一真の影を感じ、信じがたい現実と向き合わなければいけなくなった爽。

確証のないこの問題に、爽はどう動くのかが今回の見どころですねー。

では行ってみよー!

 

『ギルティ』は
電子コミックで試し読みができます♪

ギルティの第8話を無料で試し読み!

『ギルティ』第8話のネタバレあらすじを流し読み

女の嗅覚

瑠衣から一真の匂いを感じた爽だったが、結びつかない2人と確証のない疑いに頭を抱える。

瑠衣とバーで出会った日の事を思い返し、1年も前に知り合ったのに、瑠衣について何も知らないことに今更ながら気づく爽。

 

夫と友達の浮気…

嗅覚で一度感じてしまったその疑惑に、どうにもできないモヤモヤを抱え、不安な日々を送る。

 

迷う爽の背中を押したのは…

仕事にも身が入らない爽だったが、思いがけずまた仕事で秋山のレストランに行くことになる。

相変わらず、何もなかったような態度の秋山が、なにげなく爽に言った

「思った通りにすりゃいいんだよ」

という一言。

 

その言葉に、爽は心のつっかえがとれたようなスッキリした気持ちになる爽。

 

友達に会いにきただけ

彼氏と一緒にいるらしい瑠衣と、22時ごろに帰るという夫からのメッセージ。

迷いながらも、秋山の言葉に背中を押され、両目を開けて現実を見る覚悟を決めた爽。

 

家に行っていいかと瑠衣にメッセージを送ると戻ってきたのは「22時に」という返信。

爽はその時間より少し前に着き、マンションの前で瑠衣の部屋を見上げてその時を待つ。

 

爽の目に飛び込んできたのは、玄関先で、別れの熱いキスを交わす瑠衣と一真の姿だった

 

『ギルティ』第8話を読んだ感想。

嗅覚ってすごいよなー

なにやら懐かしい香りで子供の頃を思い出したりとか、ふとした匂いに昔の恋人との一場面を思い出したり…匂いが記憶を呼び起こす「プルースト効果」っていうんですか。

昔の事はいろいろ忘れていくのに、香りから記憶をたぐりよせるって…人間の構造ってすごいですよねー。

 

五感の中でもとくに嗅覚は、男性より女性の方が鋭いといわれていますよね。

片目をつぶっても、爽の嗅覚は一真の不貞を見逃さなかったってことですよ。

 

寺嶋のせいで恨み人がまた一人。

やっぱり、バイトの寺嶋くんのことが気になる気配を見せる、爽の後輩唯ちゃん。

爽にしっぽフリフリな寺嶋君のせいで、唯ちゃんからいらぬ恨みをかいそうだわ。

 

今のところ、爽の味方は秋山と若菜だけ?

いや、秋山もいい人キャンペーンがすごいだけで、実は…とまだ確信はできてない。瑠衣の共犯者の件もあるし。

爽じゃないけど…

オタ子
誰も信じれない!(笑)

 

疑惑は確信へ!

ついに、衝撃の瞬間を目にしてしまった爽。しかもマンションから出てきただけでなく、熱いキスまで交わしているという決定的な浮気の現場ですよー。

「もしかして…、いやそんなわけない…でもやっぱり、いやいやまさか…」

みたいな心情からの、これ。

 

自分の事として考えると、この証拠発見は辛すぎるな。

もうちょっと隠れてやんなさいよ、オタクら。

オタ子
警戒心なさすぎやー!!

 

 

次回、決定的な浮気の現場を見た爽はどんな行動にでるんでしょう?

あまりのショックに膝から崩れ落ちていたけど、さすがにもう片目つぶるどころじゃないからね、ブチ切れ爆発かー?

瑠衣か一真、どっちから攻めていくのか。

次回も超絶楽しみだー!

 

『ギルティ』は
電子コミックで試し読みができます♪

ギルティの第8話を無料で試し読み!

  • この記事を書いた人
オタ子

オタ子

少年、少女、グロも平和もベタベタな恋愛も、けっこうジャンル問わず幅広く読むタイプ。最近は社会問題とか事件的なマンガを読み漁る。夫の『マイカ』と一緒に、お菓子片手にマンガを黙々と読む時間が幸せ。ちなみに好きなお菓子は「ドンタコス」のチリタコス味。

-ギルティ, 女性マンガ

Copyright© マンガつうしん , 2021 All Rights Reserved.