メイドインアビス 漫画 ネタバレ

メイドインアビス 青年マンガ

メイドインアビス【第2巻9話~16話】感想とネタバレ!2巻から爆おも!?

1巻では、大穴の町オースからアビスの穴の話に始まり、探窟家、遺物、原生生物などメイドインアビスがどういう世界観で構築されているのかがわりと細かく解説された印象。

レッグとの出会い、その出会いがきっかけとなり、リコの母親「殲滅のライザ」を探すための旅に出て大穴に飛び降りたところで終わった。

回収されるべき伏線もいたるところにあり、2巻ではその伏線をどういう風に回収しながらあらすじが展開されていくのか楽しみなところ。

さあ、ここからがメイドインアビスの本番である。さて、アビスの呪いの恐ろしさ、原生生物の恐ろしさを堪能しようではありませんか。

→メイドインアビスを1巻無料で読む方法はこちら!

アニメでメイドインアビスを見るならU-NEXT
→U-NEXT公式サイト

 

メイドインアビス【第1巻1話~8話】感想とネタバレ!1巻はおもんない?

実はメイドインアビスはずっと気にはなっていたけど、長年読むのを避けていた。 なぜなら、あの絵の感じがそんなに読みたい気持ちをそそられなかったからである。そう、単純に絵の好みの問題で読まなかったのだ。 ...

続きを見る

第9話|深界一層 アビスの淵~リーダーの最終試験~

さあ、ついにリコとレッグの旅がスタートしたわけだけど、手探り過ぎて大丈夫かと思うほど、危なげない二人にハラハラさせられてしまう。

後先考えずにどんどん突き進むリコに、記憶がないレッグという...もうリコの探求心が出まくりすぎてノンストップって感じ。

そんなバタバタしてるから大事なものを落としちゃうんだよ(笑)

物語的には、実はリーダーがリコとレグが旅立つことに気付いていて、こっそりある試練を与えていたことが判明し、その試練を突破するために深界二層を目指していく。

そう、レグが旅立つ時にリーダーとばったり出くわした時にその仕込みがされていたのだ。1巻を見返してみるとわかると思う。

 

深界二層を目指す道中に、原生生物に襲われたりもしながら、順調に下に降りていくが、そこで予期せぬ来客に出会うことに...。

 

第10話|深界二層 誘いの森~赤笛だと死亡扱い~

ある人物との出会いの次は、深界二層「誘いの森」に到着という流れになるわけだが、ここからが本当のアビスの旅の始まりと言っても過言ではないだろう。

なぜなら、深界二層から危険度が一気に上がるからだ。ちなみに、赤笛が深界二層に入ったら死亡扱いになるのである。それぐらい危険度が高いということ。

正直、ここまではレッグのロボットとしての能力に助けられているだけで、リコが自力で行けるような場所ではないわけで、つまり危険がいっぱいというわけで。

このことからも、月笛、黒笛、白笛がいかに能力が高いのか、という事が理解できる。もう、白笛とか異次元の存在と言ってもいいかもしれない。二つ名が「殲滅」とか一体どうすればそんな名が付くのだろう。

その辺も楽しみのひとつであったりする。まあ、そんなこんなしているうちに、ベニクチナワ以来の原生生物によるピンチが訪れてしまうわけだが...。

 

第11話|火葬砲~破壊力と制御~

メイドインアビス始まって以来、初の戦闘シーンがついにお目見えするのが11話。

ナキカバネという鳥類の原生生物にリコが捕まってしまう。

そして、ナキカバネからリコを救うために、ベニクチナワの時にレグが手のひらから放出した「火葬砲(インシネレーター)」をぶっ放す。

しかし、結果はさておき、この火葬砲の攻撃力の高さにレグは恐怖心すら抱くわけだが、そんなことお構いなしに、リコは...。

 

「君はこの力を使いこなせるんだよ!」

 

と、相変わらずのスーパーポジティブ思考を繰り出す、やはり偉業を達成するために、この「どうにかなる」という思考はとても重要で、僕もそういう思考を持たねばなあと思った次第であります。なんの話じゃ!(笑)

にしても、深界二層でこのレベルの原生生物に出会うということは、今後どんなヤバい奴が出てくるんだ...。

それと、この辺からダークファンタジーと言われるメイドインアビスの闇が垣間見えてくる。まあ、ここからその闇がさらに深くなっていくのだけど...ほんと闇がすごい。

 

第12話|二層最下部 逆さ森~不動卿オーゼン登場~

12話では、リコの爽快なほどの気持ちの切り替えから、美味しそうな食事のシーンになる。ああ、なんかこれ見てたら腹減ってきた。

でも、その食事というのが、人間を捕食することがある原生生物を料理していただくというもの、あなたなら食べれますか?僕は食べちゃう。だってお肉好きだもん。

とは言え、なんかアビスという自然の摂理がこの時少し見えた気がする。

このへんからアビス独特の描写がどんどん出てくるんだけど、やっぱりアニメで見れる4巻途中までは、動画でみてもらいたいなあ、と思ってしまう。

それぐらい、アニメで表現されているメイドインアビスがいい感じなだから。

アニメでメイドインアビスを見るならU-NEXT
→U-NEXT公式サイト

 

そして、2巻で最も重要な人物、現役の白笛「動かざるオーゼン」がこの12話で登場する...いや、雰囲気がすでにヤバイ。

登場した時の効果音も「ドオオオン(禍々しい感じ)」。

これはリコとレッグ死んじゃうかもしれないね。マジで。

 

第13話|監視基地~恐怖のオーゼンと新たな友達マルルク~

このオーゼンの雰囲気はかなりいい感じで、なぜここまで恐ろしい雰囲気をまとわせたのか不思議なほど禍々しい。

と言っても、リコを深界から二人で運んだうちの一人がこのオーゼンなのだからびっくり。だからというのもあって、リコはオーゼンに対して感謝しかないわけで。その辺の兼ね合いが面白かったりする。

ひとつ引っかかったのは、オーゼンの発したこの発言。

「重くてさぁ」
「何度も途中で捨ててこうと思ったよ」
「思い出すなぁ」
「大事な『鐘』まで放置してさぁ」
「フフフ・・・ッ」
「置いとけばあの子も来てくれたんだよなぁ」
「惜しい事したなー」

 

ってオーゼンさん、あの子ってだれ、それに捨てようと思ったの?

とツッコミどころ満載のセリフを吐き捨てるわけだけど、このあの子って一体誰の事を言ってるのだろう。ちょ~気になる。

まあ、そんな愛のない感じのオーゼンとは裏腹に、オーゼンの弟子マルルクはめっちゃ可愛くてリコとレッグに親切。年代的にも近いし、とても好意的な少女。

しかも、意外なことに事故で倒れたマルルクをオーゼンが拾って、以来ずっとこの「監視基地」で生活をするようになったんだとか。

そう、リコとレッグには恐怖しかないオーゼンだが、マルルクにはなんか優しさがあるような感じ。

本当のオーゼンは果たしてどちらなのか?

その辺も物語が進むにつれてわかってくる。

 

第14話|呪い除けの籠~オーゼンの深い闇~

リコちゃんがおねしょしちゃいました(笑)

なんか、まさに緊張と緩和なわけだけど、このいい感じのバランスがメイドインアビスの面白さをより際立たせているのかもしれない...ここでまさかのおねしょとは。

しかし、ここから一気にリコ達を奈落の底に突き落とすようなダークな話が始まるのだった。

 

もちろん、その元凶となるのはオーゼンさん...嘘かほんとかライザの事についてリコにいろいろ言うのである。

そして、この2巻の中で最も重要と思われる「呪い除けの籠」についてオーゼンが口を開く。

 

そもそも、呪い除けの籠というのは、渡りができない生き物をコレに入れて深層から引き上げると上昇負荷を受けずに死ななかったからそう呼ばれたそうだけど、実は違う。

ここでリコの出生に関して新たなる情報が浮上するのだけど、この話がどこまで本当なのか?もし、本当だったとして、それが何を意味するのか?

後々の展開に間違いなく関係してくる序盤の中でも重要なポイントであり、それに加えてオーゼンの悪い感じが遺憾なく発揮される名シーンの一つと言える。

さあ、それに対してレグはどう動くのか...。

 

第15話|不動卿~一級遺物「千人楔」~

14話では、オーゼンがどんだけ悪い奴なんだ!という印象が強すぎたわけだけど、ここからレグとの戦闘がスタートする。

しかし、オーゼンは白笛の中でも無双の怪力を持つ冒険家。その力は凄まじくレッグの堅い体を容赦なくぶちのめすほどのパワーを持っていた。

その源となっているのが、遺物「千人楔(せんにんくさび)」
※一刺しで千人力を得ると言われる一級遺物

この遺物を全身で120ヶ所も入れているというのだから、その異常な怪力も納得。そもそも、そんなに遺物を体に入れて肉体的に耐えることができるのかが不思議でならない。

まあ、そんな怪物相手にレッグがどこまでやりあうことができるのか...。

頑張れレッグ!負けるなレッグ!!

 

第16話|ろくでなしの教授法

ほんとどうなることかと思ったけど、改めて白笛の強さはもう意味が分からんレベルというのを実感させられてしまったわけで...。

まあ、たしかにこのぐらい強くないとアビス深くに潜るのは無理なんだろうなあと、改めて深界深く潜ることの困難さを勝手に考えてしまった。

にしても、これがレッスンだったなんて、もし自分が困難されたら「そんなの絶対嘘だ!!」と声高に叫んでしまうだろう。それぐらいの恐怖があったと推測する。

 

まあ、それもオーゼンのやさしさなのかもしれないけど、もう少し優しくしてよ...と思ってしまったのは僕だけじゃないはず。

でも、2巻最後にあるオーゼンの回想シーンでは、「なんだ、オーゼンってめっちゃ心あるじゃんっ」てなる。

。そこにはオーゼンのライザに対する深い思いが痛いほど伝わってくる。互いがいかに相手の事を想っていたのか。こういう師弟関係は何か心に響くものがある。

そして、最後のページのライザ...うん、まぶしすぎ!

はやく本編でもライザ出てこないかなあ...どんな再会になるのかほんと楽しみである。

さあ、次は3巻になるわけだけど、この3巻がかなりグロい、そして、悲しい...もうね、泣いちゃうかもしれないよ。でもめっちゃおもろい。

 

マンガもいいけど、壮大な世界観がカラーで表現されているアニメもいいよ。ちょーおススメ。

アニメでメイドインアビスを見るならU-NEXT
→U-NEXT公式サイト

 

メイドインアビスを1巻無料で読む方法!?

マイカ
『メイドインアビス』を1巻(902円)無料で読む方法を紹介するイカよ!その方法は動画配信サービスに登録するともらえる特典ポイントにあるんだ!
え?動画配信サービスのポイントで漫画が読めるの?
オタ子
マイカ
むしろ、電子書籍サービスよりも、動画配信サービスの方が登録することで特典ポイントがもらえるから、無料で漫画を読むならおすすめなんだよ。
無料でマンガが読めるお得な動画配信サービス
サービス一覧 ポイント特典 無料期間
FOD 1300P
書籍は20%還元
31日間
U-NEXT 600P
最大40%還元
1ヶ月間
music.jp 600P
書籍は10%還元
30日間
解約について 無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません。全部に登録すると最大2500ポイントもらえます!
え!?この3つに登録すると最大で2500ポイントももらえちゃうの!?コミックが4冊以上読めちゃうじゃん!?
オタ子
マイカ
そうなんだ、FODは最初に100ポイントと8が付く日(8.18.28)に400ポイントもらえて、U-NEXTとmusic.jpは登録後すぐに600ポイントもらえるんだ。でもメイドインアビスは1巻で902円するから無料で読めるのはFODだけだね
ふ~ん、じゃあ無料で読むためには、900ポイント貯まるまで待たないといけないって事?
オタ子
マイカ
そうだね、登録してから8の付く日が2回来ると900ポイント貯まるよ。しかも、購入代金の20%が戻ってくるから普通に買うよりかなりお得!
へー、20%もポイントバックがあるなんてすごいね。
オタ子
マイカ
そうなんだよね。月額888円で毎月最大1,300ポイントもらえて20%還元だから、定期的にコミックを買うならかなり得するよ。
ふ~ん、そんなにお得ならちょっと試してみようかな。
オタ子
マイカ
あ、そうそう、FODに無料キャンペーンに申し込む場合は、Amazonアカウントでの申し込みじゃないといけないから、それだけは気を付けてね!

 

\ メイドインアビスを1巻無料で読むならFOD //
FOD

\ すぐに600ポイントもらえる //
U-NEXT
music.jp

 

メイドインアビス 3巻 ネタバレ 漫画
メイドインアビス【第3巻17話~24話】感想とネタバレ!ナナチとミーティとリコ

2巻では深界二層へ進出し、原生生物「ナキカバネ」との戦いや火葬砲などいろいろな展開があったけど、やっぱり2巻の目玉はオーゼンとのやりとりかな。 リコに対しての言葉遣いやレグとの戦闘でもそうだけど、試練 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
マイカ

マイカ

幼いころからマンガ好き。実家の押し入れはマンガで占領され、定期的に母親から苦情が来る。現在は妻の『オタ子』と狭いアパート暮らしなので、マンガは電子書籍で読む派に。口癖は「まあいっか!」なポジティブな楽天家。

-メイドインアビス, 青年マンガ

Copyright© マンガつうしん , 2021 All Rights Reserved.