ナリカワリ 青年マンガ

漫画ナリカワリ【5巻42話~52話】感想とネタバレ!面白いけど設定が雑なのは残念!?

https://ebookjapan.yahoo.co.jp/

5巻を無料で試し読み↓↓
→https://ebookjapan.yahoo.co.jp/

 

前回のあらすじ
北条セレナの出現により万里雄が正義の方向へ進みだそうとした矢先、葉暮もりいが嫉妬心のあまり北条セレナをトラックで轢き意識不明の重体へ。

そこから、万里雄の正義の根幹が違った方向へと進みだす。正義のために人を死の命を奪うのもためらわないようになってしまうのだ。

そして、万里雄はステッカー所有者根絶を胸に行動を始めるのである。

そこで、同盟関係を結んだのが桜庭或人率いるルサンチマン。さあ、ルサンチマンとの共闘がどういう風に転ぶのか。いつ、北条セレナを轢いた犯人をばらすのか...。

漫画ナリカワリ 4巻 ネタバレ
漫画ナリカワリ【4巻32話~41話】感想とネタバレ!万里雄が悪魔に変貌する!?

4巻を無料で試し読み↓↓ →https://ebookjapan.yahoo.co.jp/   前回のあらすじ いじめグループにイジメられていた北条セレナを救った万里雄。しかし、すぐにテレビ ...

続きを見る

第42話|ゲームスタート

いきなり「ゲームスタート」って何だこれ?っと思ったけど、別のステッカー所有者が実に鬼畜なゲームをするところから5巻は始まるのであった。

ゲーム自体は一回の憑依でどれだけキルすることができるか...というゲームなんだけど、一体何があったらこんなことになるんだ。もう現実とゲームの世界が混同しすぎておかしくなってしまったのかとも思うけど。

まあ、こんなステッカー手に入れたらもう無敵だからね。いろいろやっちゃいたくなる気持ちはわかるけど、妻が旦那と子供をキルするというのは、かなり胸糞が悪かった...。

結局、その後、車で人ごみに突撃し、最終的に17人をキルしてゲーム終了。これで罪にならないんだから、ステッカーはヤバすぎるね。マジで。

ちなみに、その本体の男はなんとステッカーを76枚も所有しているという...もうヤバすぎだろ。

僕ならどっか遠くのステッカー所有者がいない場所に引っ越してのんびり憑依ライフを楽しむね。間違いない。

 

第43話|ルールの外側

以前、ルサンチマンのリーダーである或人(あると)は、このキルゲームをしている快楽殺人犯の男からルサンチマンのメンバー2人を使って、ステッカーを奪おうとしたけど、結局2人は返り討ちにあっている。

その出来事を或人は万里雄に伝え、快楽キルゲーム男を万里雄に始末してもらう事になる...はたして万里雄はステッカーを奪い取ることができるのか。

 

76枚もステッカーを所有してるってことは、かなりの実力者。そんな相手からステッカーを奪い取るのは難易度がかなり高いわけで。

まあ、ルサンチマンから一人優秀な戦士が仲間になってくれるから、ちょっとはましかもしれないけど。

そう言えば、この万里雄と或人が話している場所に犬がたくさんいるんだけど、或人は犬好き?

以前もたくさんの犬にご飯を上げてたけど、或人は人間不信なのか...そして、キモイことに、その犬に人間の肉を食べさしてたみたいだし...一体だれが悪なのかわからないな、マジで。

 

にしても、なぜ、或人の周りには人が集まってくるんだろう。その辺のカリスマ演出が一切ないから、いまいちしっくりこないんだよな。

相変わらず、設定が雑なのは否めない...まあ、漫画としては面白いからそのへんは目をつぶるとしよう...。

 

第44話|パニック

万里雄と葉暮もりいは快楽キルゲーム男を探し八王子市へ行くことに。

そこで、またとんでもないことが起こるのであった。なんと、キルゲーム男がビルを爆破してしまうのだ。

もう、スケールがデカすぎて訳が分からないんだけど、正義の味方の万里雄は崩れかけのビルなどモノともせず助けに行くのである。

にしても、こんな早い段階でここまでのスケール感を出してしまうと、次からどうなってしまうのかが心配になってくる。

最終的には「宇宙人VS人間」みたいな構図があったりするのだろうか...さすがにそこまではいかないかな。

でも、もう少しまったりと進行していった方がいい気がする...だから設定が雑になるんだよ!!

これ、もっとしっかりした設定を作ればもっと面白いと思うんだけどな...まあ、いいけど。

 

第45話|エンカウント

ビルの中では多くの人がなぜか固まって動かない状態に...そう、これこそがまさしく「凍り付き症候群」だ。

突発的な災害時に落ち着いて行動する人15%、パニックになる人15%、残った70%は何もできず行動できなくなるあれ...ってバカ!!

入り口が見えてるのに凍り付いて動かなくなるバカがどこにいるんだよ!!

いや、絶対に、みんな走って入り口を目指すに決まっているわけで、いや「凍り付き症候群」を否定してるわけじゃないんですよ。

たしかに、そうなることもあるとは思う...でも、このビルの入り口が見えている状態で凍り付く人はいないでしょ...ただ、作者がこの言葉を使いたかっただけなんだろうね。

もう、やめようよ。せっかく面白い漫画なのに、その雑さがもったいないからさあ。

第46話|new enemy

結局、万里雄はそのビルの社長さんに憑依してみんなを助けるために動くんだけど。

いや、そんな放送で名前言われたぐらいで動き出すんなら、そのまま声かけても動き出すだろう。この辺はほんと勘弁してほしかった。

もう、このビル爆破後の44~46話は見る必要なし。この部分はマジで必要ないと思った。ほかに描くことなかったのか疑問しか残らない。

あの、1巻とか2巻の勢いはどうしたんだ!!

このままだと、面白くない漫画になってしまうじゃないか。これなら、ほかの転生系の漫画の方が100倍面白いぞ。

 

第47話|破顔

万里雄は破顔した

ドン!!

いや、そんな破顔するとこじゃないだろ...まじでどうしたんだ。

葉暮もりいがまだ出てない時点で、そこまでヤバい状況ではないわけで...もっと死にそうな場面で破顔するならまだしもね。

この調子で終わってしまうと、先細り感が否めないがどうするんだろう。

もうネタが尽きてしまったのか?

でも、ここまで見てしまったら、先が少しは気になるわけで...結果はなんとなくわかってはいるんだけどね。見るしかないよね。

 

第48話|ライフ0

快楽キルゲーム男と万里雄の一対一の対決

そこへ、現れたのは葉暮もりい...じゃなくて、ルサンチマンの優秀な戦士だった。

でも、この人はサクッと憑依されている人を拳銃で撃っちゃうような人なんだよ...ルサンチマンは正義じゃないのか?僕からしたら完全な悪。

この辺の設定が雑なんだよな。

 

悪はやっちゃう...これはいいんだよ。

でも、別に悪くない人までサクッとやっちゃうとなると、なんか正義でもなんでもないんじゃないかって。

まあ或人の理念がどこにあるのかわからないから何とも言えないんだけどね。間違っても、ここまでのストーリーでこの憑依されている人が悪いという場面は出ていないわけで。

はあ...。

 

第49話|魂の死

憑依したまま死んでしまったらどうなるのか...たしかに、これは少し気になる。

これ結構重要でここを雑にしてしまうと、もう訳が分からなくなるからしっかりやってほしい。

 

第50話|覚悟も信念も

ここで新たな敵が一人追加される。名前は「路野辺香織」というセクシーパブ勤務のかわいい女性。

この女と快楽キルゲーム男が組んでステッカーを集めているらしい。その手法は、万里雄がやったのと同じで掲示板に告知してわざと狙われるようにするというもの。

実際に、この手法で葉暮もりいは一人からステッカーを奪い取ってるしね。でも、あの時のステッカーはカウントされてないんだよな。ってことは葉暮もりいには別の協力者がいるってこと...まあ、この辺は後々わかることだろうけど。

 

第51話|見落とし

万里雄はなぜ路野辺香織が快楽キルゲーム男と組んでいるのか疑問に思っていた。

その真相を確かめるために、路野辺香織が勤務するセクシーパブへ生身で乗り込むことに。そして、案の定、路野辺香織は息子を人質に取られていることが判明するのであった。

ただ、路野辺香織は万里雄との会話中「あの人」というワードがでるんだけど、この「あの人→快楽キルゲーム男」を意味しているのか、はたまたさらに新しい誰かを指しているのかは不明。

伏線なのか、正直に信じていいのか疑問ではあるが、伏線であって欲しいと思うのは僕だけだろうか...もしかして、「あの人→或人」なんて可能性もゼロではないわけで...さあ、どうなるのかな。

やっと、ちょっと楽しみになってきたぞ。

でも、おしっこを漏らすのはどうかと思うけどね...この辺が雑と思ってしまう部分である。

思い浮かべただけでおしっこ漏らすって...いや、ないない。

 

第52話|路野辺香織

路野辺香織が今に至った経緯の回想だけど、いや、玄関前で首持って立ってるなんてありえないからね。

そこまでの段階で捕まってるから、絶対に。そして、死体になった首が笑った表情なんてのもあり得ないから。

はい、また雑きた~~~!!!

もう、雑はやめよう。雑反対!!

さあ、6巻はどうなるのかな...楽しみのような、楽しみじゃないような。

まあ、気になるから絶対に6巻も読むけどね(笑)

https://ebookjapan.yahoo.co.jp/

5巻を無料で試し読み↓↓
→https://ebookjapan.yahoo.co.jp/

 

鬼畜憑依編|お笑い芸人 けんたろう-vol.3-

今回の鬼畜憑依編は過去最低の出来だった。

それだけは伝えておこう。

ステッカーが0枚になったのに気づかず食べられる...いや、ないない。

もう、マジでやめて欲しい。

6巻で何とか盛り返してもらいたいものだけど...。

漫画 ナリカワリ 6巻 完結
漫画ナリカワリ【6巻53話~最終話】感想とネタバレ!衝撃の完結!?まさに衝撃・・・

6巻を無料で試し読み↓↓ →https://ebookjapan.yahoo.co.jp/ 前回のあらすじ いきなりゲームスタートということで、快楽キルゲーム男が人の命をただゲーム感覚でキルする、とい ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
マイカ

マイカ

幼いころからマンガ好き。実家の押し入れはマンガで占領され、定期的に母親から苦情が来る。現在は妻の『オタ子』と狭いアパート暮らしなので、マンガは電子書籍で読む派に。口癖は「まあいっか!」なポジティブな楽天家。

-ナリカワリ, 青年マンガ

Copyright© マンガつうしん , 2021 All Rights Reserved.